TagajoTownWeb勤務システムの目的と機能・特徴

従来の勤務管理システムの問題点と「TagajoTownWeb勤務システム」の開発目的について

従来の勤務管理システムには、以下のような問題点がありました。

1.時間計算が苦手

勤務管理システムには時間計算がつきものですが、それをプログラミングするのが非常に大変です。
これは、直接プログラミング言語から扱える時間というものがないのが原因です。
ヒトが時間計算を考えるとき、配下のように考えます。
18:00 - 9:00 - 1:00(休憩) = 8:00
しかし、18、9、1といった時間数はプログラミング言語からは直接扱えず、まず「18:00」を「:」で分割して時間と分にして……
という面倒な手続きを記述する必要があるのです。
しかも、日を跨いで勤務した場合などはもっとひどくなり、以下のような計算をしてしまう可能性があります。
(翌日の)2:00 - 9:00 - 1:00(休憩) = -8:00
こんな計算をしていたのでは、システムとして使えません!

2.勤務時間には時系列の概念が必須

例えば、勤務システムを使用していて利用者から以下のような要望があったとします。
勤務システムに以前入力したある日「勤務開始時間が所定出勤時間より前の時間外時間」が知りたい
なんだ、簡単なことじゃないか、と思われるでしょうが「普通の勤務管理システム」は時間外時間を1日分集計して保存しているものです。
この場合、システムを改修しなければ要望に応えることはできないでしょう。
このように、「普通の勤務管理システム」は非常に拡張性が低く、ちょっとした要望にもシステム改修が必要となっています。

3.その割に高価!

1や2が原因となってシステムを開発するのが大変なため、勤務管理システムは非常に高価なものとなっています。

以上のような問題点の改善を目的に、このTagajoTownWeb勤務システムを開発しました。
3に関しては、このTagajoTownWeb勤務システムの利用者登録と使用は無料としています!

TagajoTownWeb勤務システムの機能について

上の「従来の勤務管理システムの問題点と「TagajoTownWeb勤務システム」の開発目的について」を踏まえてこのシステムの機能をご説明します。

まず、勤務時間を下のような時間帯に区分し、各々に名前を付けます。

所定時間
いわゆる定時内のことです。必ず働いている時間ですね。
所定深夜
所定時間かつ深夜勤務のことです。夜22時から翌朝5時まで(これを深夜時間帯といいます)の間の所定時間です。
法定休憩
8時間労働なら1時間、6時間以上労働なら45分などの法律上の休憩時間です。
所定休憩
各企業が独自に設けている休憩時間のことです。
時間外時間
いわゆる残業のことで、所定時間以外の勤務時間のことで、深夜時間帯以外のことです。
深夜時間外
深夜時間帯の時間外時間です。
法休時間外
法定休日(法律で決まっている週1回の休日のこと)の勤務時間で深夜時間帯以外の時間です。
法休深夜
法定休日出勤した時の時間外時間のうち深夜時間帯のことです。
所休時間外
法定休日以外の休日出勤の時間外時間です。一般的に給与の割増率は普通の時間外時間と同様です
所休深夜
法定休日以外の休日出勤の時間外時間のうち深夜時間帯のことです。
有給時間
有給休暇中の時間で、給与が発生しています。
無給時間
無給休暇中の時間で、給与が発生していません。
不就労時間
遅刻や早退、途中外出、欠勤などで働いていない時間で給与から時間数分の金額が差し引かれます。

といった時間帯があり、入力した出勤時間と退勤時間から所定時間から不就労時間のうち、どの時間帯に当たるかを判定して集計するのがこのシステムの機能です。
以下で実際の計算例を見てみましょう!

TagajoTownWeb勤務システムの勤務時間計算例

通常のオフィスで働くサラリーマンなら、平日は下の勤務内容【通常勤務】ような感じになっていると思います。
ここで、以下のような出勤退勤時間を入力したとすると、システムは右の実績時間を算出してデータベースに保存します。

出勤時間:06/01 08:30
退勤時間:06/02 01:30

勤務内容【通常出勤
時間帯名 開始時刻 終了時刻 時間数
深夜時外 10/01 00:00 10/01 05:00 05:00
時外時間 10/01 05:00 10/01 09:00 04:00
所定時間 10/01 09:00 10/01 12:00 03:00
休憩時間 10/01 12:00 10/01 13:00 01:00
所定時間 10/01 13:00 10/01 18:00 05:00
休憩時間 10/01 18:00 10/01 18:30 00:30
時外時間 10/01 18:30 10/01 22:00 03:30
深夜時外 10/01 22:00 10/02 05:00 07:00
時外時間 10/02 05:00 10/02 09:00 04:00
実績時間
時間帯名 開始時刻 終了時刻 時間数
時外時間 10/01 08:30 10/01 09:00 00:30
所定時間 10/01 09:00 10/01 12:00 03:00
休憩時間 10/01 12:00 10/01 13:00 01:00
所定時間 10/01 13:00 10/01 18:00 05:00
休憩時間 10/01 18:00 10/01 18:30 00:30
時外時間 10/01 18:30 10/01 22:00 03:30
深夜時外 10/01 22:00 10/02 01:30 03:30

ここで算出された実績時間から

「時間帯名」と「時間数」で集計を行えば「1日の勤務内容」を算出できます!
また、上の【従来の勤務管理システムの問題点と「TagajoTownWeb勤務システム」の開発目的について】の利用者から出た要望にもすぐ応えることができます!

そのうえ、このシステムでは「勤務内容【通常出勤】」といった「勤務内容」を利用者独自かつ個数無制限で設定することが可能です。